成果をあげる人事制度とは?

部下に的確なフィードバックをし、成果に応じた賃金を支給することで、
会社での自分の役割や責任感が自覚できます。

また、頑張ることで、賃金もアップするということが明らかである人事制度が必要です。

その人事制度とは、以下のようなサイクルで行われることがベストです。

各職級に応じた目標管理→人事考課→フィードバック→教育訓練・賃金への反映




 
人事制度構築には深く踏み込んだ現状分析が必要です
 

当事務所がご提供する人事制度は、理想のサイクルを実現するために、
会社の深部まで分析することから始まります。

社員の現状・会社での仕事を的確に
把握することで、会社にぴったりと合った人事制度を構築できます。



 
現状分析の方法

 
当事務所では、面談によるヒアリングや、
 従業員すべてのストレス度チェックと組織分析を行います。

 仕事調べ、現状の賃金の仕組みも同時にヒアリングいたします。
 ヒアリング内容等をもとに、
 以下のような組織分析結果をご報告いたします。


 
   
組織分析調査報告の一例

  客観的に組織内にいる社員の内面志向を把握できます。


 
 
ストレス度チェック一例 

ストレス度チェックも以下の様な調査結果がでます。
人一人の社員の傾向をつかむ有効な手段となります。

 

 
 上記の分析のみならず、会社の細かい仕事の内容や
   現状の人事制度、賃金テーブルも把握いたします。

  分析が終わりますと、いよいよ、人事制度構築へと移ります。
  



        
 ☜ トップページへ戻る ☜ 前のページへ戻る
           

経営労務診断適合企業マークマイナンバーに対応した社労士
Pマーク SRPUの取得
新SPマーク null
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2−11−5
人材開発ビル5F
☎03−5215−1488