人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2018/04/17

3年ぶりに改定された平成30年度の労災保険料率

 会社が納付する労働保険(雇用保険・労災保険)の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日の1年間を単位とし、労働者に支払われる賃金の総額にそれぞれの保険料率を乗じて計算します。この保険料率の改定は定期的に行われており、平成30年度は雇用保険料率が据え置かれた一方で、労災保険料率については下表のとおり改定されています。

 そもそも労災保険とは、業務上の災害や通勤途上の災害により、労働者がケガをした場合などに給付が受けられるものです。労災保険料率は、業務災害発生率を基に原則3年毎に見直されることになっており、平成30年度はその見直しのタイミングに当たりました。見直しの結果、54の業種のうち、引き下げとなる業種、据え置きとなる業種、引き上げとなる業種と業種により様々ですが、全体の平均では前回改定された平成27年度と比べ1,000分の0.2の引き下げとなっています。

 6月1日から7月10日までの日程で労働保険の年度更新を行う時期となりますが、今年度は確定保険料の計算には旧労災保険料率を、概算保険料の計算には新労災保険料率を利用することになります。労働保険の年度更新の申告書をよく確認し、保険料の計算を誤らないようにしましょう。

■参考リンク
厚生労働省「労災保険・雇用保険の特徴」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




雇い入れ時の健康診断と企業における健康情報の取扱い2018/04/10
平成30年4月から障害者の法定雇用率が引上げられました2018/04/03
届出の重要度が増す雇用保険手続きでのマイナンバー2018/03/27
有期契約労働者の雇止めを行う際の留意点2018/03/20
今後増加が予想される副業・兼業と通勤災害の考え方2018/03/13
平成30年3月分から変更となる健康保険料率・介護保険料率2018/03/06
労災保険特別加入者の給付基礎日額変更2018/02/27
平成30年1月より変更となった健康保険の被扶養者異動届の取扱い2018/02/20
平成30年度の雇用保険料率は平成29年度から変更なし2018/02/13
平成30年度以降、拡充などの変更が予定されているキャリアアップ助成金2018/02/06
1月10日よりスタートした事業所が利用できる「ねんきん加入者ダイヤル」2018/01/30
年次有給休暇の平均取得日数は9.0日2018/01/23
広がる人材不足の状況と求められる働き方改革の取組2018/01/16
ハローワークへの大卒等の求人公開日 4月1日に前倒し2018/01/09
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2018/01/02

経営労務診断適合企業マークマイナンバーに対応した社労士
Pマーク SRPUの取得
新SPマーク null
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2−11−5
人材開発ビル5F
☎03−5215−1488

 
お問合せ
湯瀬社会保険労務士事務所
株式会社 人材開発 
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-11-5
人材開発ビル
東京都千代田区飯田橋2-11-5
人材開発ビル
TEL:03-5215-9778
FAX:03-5215-1734